Healing(青)意識して思い方や考え方を変える

 

 

「ある」を見る

「ない」ものを数えるのをやめる 既に持っているものや「ある」ものを見るようにする

まだ気づいていない愛や豊かさに意識して目を向ければ見えてくる

 

1歩踏み出す

初めてのことや先が見えないことに対して迷うなら怖いまま行動してみる

小さなことでいいので関連することを始めてみる

 

今までの領域から出る

今まで当たり前だった所から外に出る 旅に出る

これまでとは違うやり方をする エネルギーの使い方を変える

 

「今」を生きる

不安な時は気持ちが過去か未来に行ってしまっている

意識を今の自分に戻す 目の前のことに集中する 我に返る

 

色眼鏡(思いこみ)を外す

自分がどんな思いこみを持っているかに気づく

現状が苦しいのならその思いこみをやめる

 

違和感に気づく

何かに対して少しでも「?」と感じるなら本当の気持ちや希望が別にあるということ

本心に気づいて従い行動する

 

過去の傷を糧に出来る

傷ついた 嫌だったことは魂を磨いた出来事だと捉える

自分を成長させ人間的に大きくしてくれたと思えると自然と相手にも感謝出来る

 

家族 家庭を大切に

今は家族や家庭に目を向けることが大切な時

見ないようにしてきたことに向き合える時

 

我慢しない

自分がしている我慢に気づく 出来る所から我慢をやめる

我慢しない素直な自分でいるようにする

 

身体のサインは心の叫び

体調不良は「助けて!」の心の叫び 何かのやり方を変える必要がある

気力で頑張ってしまわないように 自分ではなく子供の体調にサインが出ることもある

 

考えるのをやめる

考えることにエネルギーを使い過ぎ 考え過ぎて思い詰めていることに気づく

考えるのを一旦やめて全然違うことをする

 

決めつけない

先入観で物事を見ない 評価・判断しない

物事や人をすぐに善悪・正誤・白黒つけないようにする

 

境界線を引く

心の中で自分を守る線を引く 自分と相手の領域を侵さない

自分のことに人に立ち入らせない むやみに人のことに立ち入らない

 

断る NOと言う

少しでも気が進まなかったり気が重いと感じることは受け入れない

人の顔色ではなく自分の思いで決める 予定変更やキャンセルを申し出てみる

 

自分にウソをつかない

本当の思いは違うのに無理して人に合わせない 自分の心の声の方を優先する

自分にウソをついている時はモヤモヤし続ける

 

自分優先

丸く収めようとしなくていい 本当の思いを抑えない

自己犠牲や人に合わせることをやめる 大勢の中で1番最初に好きな物を選んでしまうなど

 

自分を客観的にみる

感情を感じている自分とは別に その自分を見ている「もうひとりの自分」を意識する

冷静に落ち着いて出来事を見てみる

 

主張 表明する

思いに反して周りに合わせることや作り笑いをやめる

強く思いを伝える必要がある 信念を発する 希望を示す

 

初心に還る

スタートした時の純粋な気持ちとパワフルな自分を思い出す

その時の強い自分が今でも自分の中にいると信じる

 

ただ信じる

自分や誰かに対して心配したり不安に思うのは本人の力を信じていないということになる

「自分も あの人も 状況も 良いようになる!」と固く信じる

 

頼る 助けてもらう

人からの援助の言葉を待つのではなく 自分から助けを求める

依頼する 弱みを見せる お願いする 分担する

 

違う見方をする

自分の思いだけに固執しない 別の面からまたは多角的に見てみる

自分の意見と相手の意見が違ってもどちらも尊重する

 

中立 中庸

ゼロ フラットでいるようにする 人や物ごとに対してのジャッジをやめる

〇×つけない どちらかに偏らないで真ん中の立ち位置でいる

 

直感 感覚に従う

「ふと」「なんとなく」思いついたことを行動に移す

出来事や人に触れた1番最初に感じたことが自分の中の正解なのでそれを思い出す

 

出来る可能な方法を考える

出来ない(不可能だと思う)理由や言い訳を考えるのをやめる

「どうしたら出来るか?」と可能な方法を考える

 

見えない事情を慮る

表面的な見た目や条件よりも裏側にある理念や本質を大切にする

出来事の向こう側を見る 相手の気持ちを推し量る

 

見聞きする言葉に注意

自然と目や耳に入って来る言葉で気になる物を心に留めておく

人の意見に耳を傾ける 今後の大切なヒントになる