心の宝箱

 

 

『心の宝箱』は

 

私が心のことを掘り下げて学び始めた時

 

2009年に ふと浮かんだイメージです。

 

 

 

当時は 

 

宝箱 ― ただの箱 

 

箱の上の♡ ― 重石

 

だったんだけどね^^;

 

 

 

「箱の中には外に出たがっている”わたし”がいる

 

 でも箱の上には重い石がたくさん乗っているから出られない」

 

「だから 重石をどけないと!!」

 

 

 

そんな風に この時重石は私にとって

 

悪いもの 邪魔なもの 排除すべきもの

 

という存在として 心の中にありました。

 

 

ブログでは 「生き癖」と表記しています。

 

 

このイメージを持ったまま

 

約2年後からカードリーディングをするようになったのですが

 

多くの人々の心の中を見せていただき

 

また私自身もプライベートで様々な出来事がありまして。

 

 

 

「いや 重石は いらないものなんかじゃない」

 

「とても大切なもの ギフトのようなもの」

 

と想い至り 重石は♡になりました。

 

 

 

重石 = ♡の気持ちや感情って

 

ハッキリ言って ネガティブです。

 

 

出来れば感じたくないものよね。

 

私も長らくずっとネガティブを避けていた。

 

 

カードリーディングを受けて下さる方々も

 

同じように このネガティブな気持ちや感情を感じ続けたり

 

モヤモヤしたり 押しつぶされそうになるのを何とかしたい!

 

と思ってお越しくださる方がほとんどです。

 

 

「悩み 気がかり 迷いごと どうしたらいいの~?」

 

という状態ね。

 

 

 

さてでは カードでじっくり心模様を見てみると…

 

 

問題と思える状況は特に変わらないまま

 

最終的に 「そういうことか」 と理解納得する事態となります。

 

 

ニコニコ ピカピカの♡が外に出るために

 

つまり 気づいていなかった自分の秘力や魅力が発揮されるために

 

宝箱の上に♡があったんだ とわかるのね。

 

 

ネガティブ という嫌~な気分にならないと

 

人は立ち止まろうとはしないでしょ。

 

 

どうしたら気持ちが楽になるのか

 

どうすれば今の状況を打破できるのか

 

 

人って本当に困らないと

 

そういった自分の心身を穏やかに癒す方法や

 

新しく自分の世界を切り開くカギを本気で手に取ろうとはしないもの。

 

 

 

そして 

 

ネガティブな気持ちや感情が沸き起こる出来事の中ならば

 

目に見える支援と 目に見えない守護を

 

身を持って「ありがたい」と感謝の気持ちで感じられるはず。

 

 

結果 悩みや気がかり 迷っていたことは

 

「今の自分に必要で大切な あってよかったことだったんだ」 

 

「計り知れない力というものに助けてもらっていいんだ」

 

と新たな想いで心に刻まれるのです。

 

 

だから 最後は笑顔で終了ね。

 

 

 

 

ポジティブなものだけが いいってわけじゃない。

 

 

ネガティブを捨てたりなくそうとするんじゃなくて

 

ほわっと抱っこする心境になることで

 

心は安心してまあるくおさまる。

 

 

それまでイヤだと嫌われていたネガティブな気持ちや感情も 

 

優しく抱っこしてもらえたら 

 

嬉しくなって癒される。

 

 

そうして 別々だった♡と♡がひとつになって

 

心の器が広く大きくなるんだね。

 

 

 

 

 

 

カードリーディングは あくまで机上論です。

 

テーブルの上に展開されるカード(心 魂)と対話するだけだから。

 

 

それで 心と頭をスッキリ整理することは出来るけれど

 

大切なのは その後に 自分で決めて 動くこと。

 

 

 

箱から♡をおろすのも

 

カギを開けるのも

 

宝箱のフタを持ち上げるのも

 

中から♡出してあげるのも

 

 

それは 自分じゃなきゃ出来ません。

 

 

 

だけどね 1歩踏み出し動き出せば

 

大きな支援と守護の力が働く

 

 

これは 私の実体験からも強く信じていることです。

 

 

 

心の宝箱も ♡も 支援や守護も

 

いつだって私たちに

 

「ほら こうするといいよ」

 

ってサインを送って教えてくれている

 

 

そのサインに気づけるか気づけないかは

 

自分の直感 感覚を どれだけ信じられるか

 

 

なんだろうね。