わたしが思うADHD(注意欠陥多動性障害)

 

 今 この文章を読んでくださっているお母さん こんな経験はないですか?

 

・自分が子供の頃は聞き分けがよく 親を困らせるようなことはしなかった

 

・大人たちの期待を敏感に察知し それに応えることが当たり前だった 

 

・大人になっても 周囲の人たちに「いい人ね」「ありがとう」と言われて嬉しかった

 

・何かに尽力して達成感や充実感があるのは確かだけれど 後でドッと疲れてしまった

 

・誰かに何かをしてあげるのは得意だけれど 人を頼ったりお願いをするのは苦手

 

 

上記に書いたことは 私も含め

ペアレントトレーニングで出会ったお母さんたちに多かった傾向です

 

今までたくさん 自分のことよりも人のことを優先して尽くしてきた

誠実ながんばりやさんが多いと思います

 

 

これまで生きてきた中で家庭環境や学校教育などで教えられ 

なんの疑問も持たずに取り入れてきた常識や一般論がありますね

 

ADHDのお子さんを持つお母さんは

そのような常識や一般論を「規則やキマリ」として

しっかり守ってきた方が多いのではないでしょうか?

 

ですが反面 

「自分はこういう人間だ」「このように生きていきたいんだ」

という「わたし」というものを心の中にしっかり持っているのでは?

 

心の中では本当は 好き嫌いも白黒もハッキリしていませんか?

 

 

「でもそんなこと 規則やキマリで許されない…」

「本当はこうしたいけれど 出来ない…」

 

心の中にこうしたギャップのある「ふたりの自分」がいる時

目の前の出来事を「問題」や「違和感」として感じるのだと思います

 

 

お子さんがADHDとして問題提起をしてくれているのは

 

「ママ ちょっと止まって!」のとてもわかりやすいサイン

 

 

子供は ADHDを通じて 問題や違和感を体感させて

 

「ママ もうその生き方変えようよ 自分の生き方に変えて大丈夫だよ」

 

と教えてくれているのだと私は解釈しています

 

 

生き辛いほど敏感で純粋で真直ぐなADHDの子供たちは ”自分”をちゃんと知っていて 

 

「本当の自分の気持ちを大事にしようよ!」

 

と 常識や一般論で感覚を鈍らせてしまった私たちに伝えてくれていると感じるのです

 

 

 

私は直感カードリーディングをしていますが ADHDが原点です

 

お子さんのADHDは 

本人とお母さん そして関わる周りの人々が 

自分らしく生きるためのキッカケ」になっている と思っています

 

 

 

 

参照:子供の不祥事 不登校 病気の源にある思い